正常な精子濃度・・1ml中に1,500万個以上を目指せる男性不妊サプリの紹介

精子を増やす注目成分



《精子の量を増やす有効な成分》

不妊症で悩むカップルは多く、厚生労働省の調べによると
実に不妊治療を行っている人は47万人とも言われています。
また、不妊の原因は女性だけの問題だと思われている方も多いと思います。しかし、不妊検査を行ってみると、男性側に問題のあることも多いようです。
男性不妊には、精子の量や質を高めてあげることが必要です。精子の量は遺伝や体質などに依存する部分も多いですが、食事やサプリメントなどの栄養管理で精子増量が可能であるとされています。

以下は精子を増やすのに必要な栄養素とその理由を説明していきます。

●亜鉛


亜鉛は、食品で摂取するならば牡蠣が有名ですが、
日本人の不足しがちな栄養素の一つです。
亜鉛はセックスミネラルと呼ばれるだけあり、精子や性ホルモンの分泌を
増やすなど、精力を強める働きと同時に、精子の活動能力を高める前立腺・精巣にも亜鉛が多く含まれていますので、積極的に精子を増産させるには
摂取すべき栄養素なのです。
実際に亜鉛を摂ることで精子の数と 運動量が増えたという実例は
数多く存在しています。

●L-カルニチン


L-カルニチンはアミノ酸の一種で、精子が利用するエネルギー源となります。
精液中のL-カルニ チン濃度は、精子の質と密接に関連することが
わかっており、臨床実験により、3~6カ月間に わたってL-カルニチンを
補給すると、精子の濃度、数、運動量
が増えたという結果も出ています。

●マカ


最近よくマカで精力向上を耳にするようになりました。
もちろん、子供を作る上でかかせない勃起力を高めるということでも
マカは必要です。
しかし、 精子を増産するという目的でいうとマカに含まれる、生殖能力を高めるテストステロンという 男性ホルモンの分泌を促す成分が非常に重要な働きをします。
精子をつくる精巣の働きを活発化させるために必要な男性ホルモン分泌を増量させる働きをマカが担うことになるからです。

さらに、マカに含まれるビタミンB群やカルシウムはストレス解消に役立つ栄養素ということで注目されています。
男性不妊ストレスによって引き起こされることもあると言われています。
●ムクナ豆


日本ではハッショウマメと呼ばれる人気の強壮系豆抽出物です。
精子の数や運動能力向上に効果があります。
ただ、精子の数を増やすだけでは意味がありません。
受精の際、卵子の殻を突き破るほど元気な精子に育つことが大事なのです。
ムクナ豆はアミノ酸の一種、チロシン、フェニルアラニンが含まれているので
元気な精子がしっかり形成されるのをサポートする効果があります。

●コエンザイムQ10とアシュワガンダ

特にコエンザイムQ10は精液や精漿で多くみられる抗酸化成分です。
アシュワガンダも精漿の酸化ストレスから精子を守ります。
人間の体同様に精子にとっても酸化は劣化を意味します
元気な精子がしっかり形成される率を上げるためにもコエンザイムQ10と
アシュワガンダという精子を酸化させない成分は精子を元気な状態で
放出する
という意味で非常に重要な働きを担います。

●タンパク質・その他


精子を増やすのに必要な栄養素で精液の大部分を構成しているのが
タンパク質です。
タンパク質は肉などで摂取は簡単ですが摂取するだけでは、精子の原料を
摂取しているだけにすぎません。
性欲と性感を高めてスタミナ増強ということで、昔から山芋やゴボウ、レンコンなど根菜類や、思いっきり根である朝鮮人参などが良いとされています。




↓精子増産に欠かせないすべての成分が配合されています↓

男性不妊の検査

isya
泌尿器科の男性不妊外来などで、男性不妊の検査ができます。

検査色々ありますが、受診されたほとんどの方が受けるのは精液検査と泌尿器科的な検査です。
泌尿器科的な検査は、精液検査で疾患が疑われる場合等に行われます。
そのほかにも、尿検査、ホルモン検査、抗精子抗体検査等があります。

不妊症で悩んでいるカップルの約半数は男性不妊と言われていますので、検査をお勧めします。
多くの専門の泌尿器科では、専用の精液採取室を準備するなど、プライバシーに配慮した診療が行われているので安心してください。

男性不妊の治療

1a824286457fbae7e12e5243a526de1b_s
●精索静脈瘤の手術
精索静脈瘤は、一般男性の15%に認められ、男性不妊症患者の40%以上に認められます。
精索静脈瘤で精子の運動率が下がっている人や精子の量が少ない人は、精巣の静脈できた瘤を手術するだけで男性不妊を解決できることが多いです。
精索静脈瘤の手術には、精巣静脈高位結紮術、腹腔鏡下精巣静脈結紮術、顕微鏡下精巣静脈低位結紮術があります。
ただ、精子の製造サイクルは3か月と言われているので、術後の精子検査の結果がでてくるのは3か月経過が必要ということになります。
●精路再建手術
精路再建手術は、閉塞性無精子症に対して行われる治療で、精路通過障害を解除できれば、自然妊娠が何回でも期待できる治療法です。
その閉塞部位によって方法が異なり、精管精管吻合術、精管精巣上体吻合術、射精管解放術などがあります。
しかし、婦人科では、このような選択肢があることを説明している施設は少ないようです。
精子回収法で得た精子を使って顕微授精を行うほうが、確実だからかもしれません。
また、残念なことに国内で精路再建手術を得意とする泌尿器科医は多くはありません。
●精巣精子採取術
様々な方法でも精液中から精子を回収することができない場合は、精巣精子採取術(simple-TESE)を行います。
陰嚢の皮膚を5mmほど切開し、精巣の白膜を少し切り、少量の精巣組織の一部を採取する方法です。
採取した精巣組織に精子が確認されれば、顕微授精に使用します。見つからない場合は、別の個所を切開して組織を取り出して精子を探します。
これらは閉塞性無精子症の症例で、精路再建術が困難・不成功であった時に行います。この場合は精巣内での精子形成は行われているため、多くの場合は精子の採取ができます。

姉妹サイト

パルクレール美容液 比較

《商品名 通販》相互リンク募集中

こちらからご確認ください

《商品名 通販》運営者情報

こちらからご確認ください

RSS FEED